通信制高校に偏差値があるのかないのか

通信制高校の場合は偏差値と言う概念がない

通信制高校の場合は偏差値と言う概念がないマイペースに勉強ができ学力がしっかりと身に付く可能性は十分ある模試を受けた時に想像以上に自分の偏差値が高くて驚くかもしれません

高校に通学している人はたくさんいますが、中には通信制高校に入学している人もいます。
ここで、偏差値があるのか気になりませんか。
通常の高校には当たり前のようにあります。
通信制とは言え、高校であることには変わりありません。
しかし、普通の高校とは全く同じというわけではありません。
実は、通信制高校の場合は偏差値と言う概念がないのです。
絶対にないとは断言できないものの、そもそも普通の高校とは授業のやり方が違いますからなかなか難しいようです。
中間試験や期末試験が普通の高校にはありますが、このような試験で生徒の学力を確かめているところばかりではありません。
一体、どうやって生徒の成績をつけているのだろうと不思議に思いませんか。
通信制の場合は試験を行うのではなく、面接や作文を提出することが一般的です。
試験を行って自分の実力がどれくらいあるのかがわかるというわけではないので、普通の高校とは違うことがわかります。
このようなやり方の方が合っている生徒は意外と多いのかもしれません。
卒業した後に、大学へ進学したいと思っている生徒はきっと多いはずです。

✨通信制高校Q&A✨

Q:通信制高校の偏差値って?

A:はこちらから💁‍♀️⬇️https://t.co/76uuxocglc #女子だけの通信制高校 #通信制高校 #英風高校 #転入学 #編入学 #転校 #大学受験 pic.twitter.com/kfm7EY7dkn

— 英風高等学校(通信制女子校) (@eifuhighschool) August 31, 2020